朝洗顔におすすめの洗顔料10選&選び方|美容家が商品をレビュー

2024年2月6日

「朝に洗顔料を使うと肌が乾燥するのでは?」と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、朝の洗顔には寝ている間に付着した汚れや汗、皮脂などを落とす役割があります。そのため、基本は洗顔料を使って洗顔するのがおすすめです。

また洗顔料によって、洗浄力や配合されている美容成分がそれぞれ異なるため、自分の肌に合った洗顔料を使うことが大切です。

そこで今回は、美容家である筆者が数多くの洗顔料のなかから朝洗顔にぴったりな商品をピックアップしました。肌質や肌悩みに合わせた洗顔料を選ぶポイントもお伝えしますので、自分にぴったりの洗顔料を見つけてくださいね。

この記事の監修者
美容研究家/美容ライター
上田 麻里
理系大学化学科卒・元製薬会社勤務の経験から、本当に効果のある美容法を理系目線で追求中。美容ライターとして、50以上の媒体にて計500本以上の美容記事を執筆・監修。現在は美容研究家として、記事執筆のほか、メディア出演・オンライン講座の企画開催・セミナー講師・大手化粧品メーカーWEBコンテンツ監修・PR等…幅広く活動。日本化粧品検定・第4回コスメコンシェルジュコンテスト金賞受賞。

本記事にて紹介している商品情報は2023/9/1時点のもので、商品リニューアル、価格変更、製造・販売中止、在庫切れの可能性もありますのでご注意ください。

朝洗顔はしないほうが肌がきれいになる?

「朝は洗顔料を使わないほうがいい」と聞いたことがあるかもしれませんが、寝ている間に分泌された汗や皮脂、肌についた汚れなどをきちんと落とすには、洗顔料が必要になります。また、朝の洗顔には汚れを落とすだけでなく、スキンケアの効果を高める役割もあります。肌がうるおうことで、メイクのノリもよくなるでしょう。

ただし、洗い過ぎはいけませんね。洗浄力の強すぎるものを使用すると、肌に必要なうるおい成分が失われてしまうため注意が必要です。ノーメイクの人や肌が敏感になっている人は、洗顔料を使うことで肌に負担がかかる可能性があります。とくに敏感肌や乾燥肌の人は、肌荒れや乾燥により肌のバリア機能が低下すると、あらたなトラブルを招いてしまうかもしれません。肌に刺激を与える添加物が入っていないものや、やさしい洗浄力の洗顔料を選ぶとよいでしょう。

【肌質・肌悩み別】朝洗顔におすすめの洗顔料の選び方

洗顔料は朝と夜で変えるのがおすすめです。

メイク汚れを落とす夜と違い、朝は汚れが少ないため、洗浄力がマイルドな洗顔料が適しています。

また、肌質や肌悩みに合った洗顔料を選ぶことも大切です。ここからは肌質や肌悩み別の洗顔料選びのポイントについて解説します。自分の肌に合った洗顔料で汚れを落として、肌の状態を整えましょう。

肌質別の洗顔料の選び方

肌質には「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」の4種類があります。自分の肌がどのタイプに当てはまるのかを確認し、それぞれに合った洗顔料を取り入れてください。

肌質 肌の傾向 おすすめ洗顔料、洗い方
普通肌 水分が多く、油分が少ない。肌状態が安定しておりトラブルが起きにくい。 洗浄力が通常~比較的マイルドな洗顔料で顔全体をやさしく洗い、汚れや皮脂を取り除くようにしましょう。
乾燥肌 水分、油分がともに少なく全体的にカサつきやすい。 洗浄力がマイルドな洗顔料がおすすめです。顔全体に軽めに泡をのせ、時間は短めでOK。ぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。アミノ酸系洗浄成分をベースにした洗顔料も◎
脂性肌 水分、油分がともに多く全体的にベタつきやすい。 皮脂の分泌量が多いため、朝もしっかりと洗顔をして過剰な皮脂を落とすことを心がけましょう。とくに、Tゾーンや小鼻周りなどは念入りに。
混合肌 水分が少なく、油分が多い。Tゾーンやあごなど部分的にベタつきを感じる。 ベタつく部分と乾燥する部分が混在しているため、部分ごとに洗い分けるのがおすすめです。Tゾーンなど皮脂が気になる箇所はしっかりめに、頬など乾燥しやすい箇所は軽めになじませて洗い流しましょう。

肌悩み別の洗顔料の選び方

肌の悩みがある人は、肌質に加えてその悩みに合った美容成分が配合された洗顔料を選ぶのがおすすめです。以下は肌悩みに合う美容成分です。

悩み おすすめの配合成分
乾燥 ヒアルロン酸やセラミド等の保湿成分
ゆらぎ肌、敏感肌 洗浄力がマイルドなアミノ酸系の洗浄成分
ニキビ イソプロピルメチルフェノールなどの殺菌成分、グリチルリチン酸ジカリウムやアラントインなどの抗炎症成分

朝洗顔におすすめの洗顔料10選|美容家が試してレビュー

ここからは、朝におすすめの洗顔料を紹介していきます。

使用方法から配合成分までさまざまなタイプがありますので、ぜひ自分にぴったりの洗顔料を見つけてみてください。

今回のご紹介の商品以外にも
公式オンラインストアなら対象商品が盛り沢山!

商品一覧はこちら

1.デリケートな肌もこすらず汚れを吸着!「Biore(ビオレ)」

Biore(ビオレ)
ザフェイス 泡洗顔料 ディープモイスト 本体 200ml
価格(税込):767円※検証時

商品詳細はこちら

まさつレスを叶える!泡洗顔料

トラブルのないキメの整った肌を保つには、肌への摩擦を極力避けることが大切と言われています。「Biore(ビオレ)ザフェイス 泡洗顔料 ディープモイスト」は、手が肌に触れずに洗える「まさつレス」な洗顔料。

しっとりとした生クリームのような泡が、肌をこすらず汚れを吸着して洗い流します。赤ちゃんの肌にも使えるやさしさも持ち合わせた洗顔料で、肌のうるおいを保つバリア機能を守って洗えます。

ポンプタイプでも泡がへたらない!

ポンプの先端が特殊な形になっており、ふんわりと空気を含んだような泡が出てくるので、途中で泡がへたってしまうことなく、最後までしっかり洗えました。

Biore(ビオレ)ザフェイス 泡洗顔料 ディープモイストにはいくつかの種類がありますが、こちらのピンクのパッケージタイプ(ディープモイスト)は保湿成分が配合されており、乾燥が気になる人におすすめです。

泡で肌を押すようにして密着させながら洗うのがコツ!

ポンプをおすと、名前の通りホイップクリームのような泡が出てきます。

顔を軽く濡らした後、4、5プッシュほどを手に取り顔全体に泡を顔にのせます。やさしく泡を押すようにしてなじませるのがポイント。ゴシゴシこすらなくても泡が肌にぴたっと密着し、汚れや皮脂を落とすことができます。洗い流した後の肌はしっとりしています。

ホワイトサボンの香りがふわっと広がり、心地良い朝を過ごせますよ。

商品詳細はこちら

2.毛穴汚れが気になる人には酵素洗顔「メラノCC」

メラノCC
ディープクリア酵素洗顔 130g
価格(税込):715円※検証時

商品詳細はこちら

酵素とクレイが毛穴汚れをからめ取る!

メラノCC ディープクリア酵素洗顔は、毛穴ケアにおすすめの酵素※1とビタミンC※2が配合された洗顔フォーム。毛穴汚れや古い角質をしっかり落とすことができます。

さらにクレイ※3が汚れに吸着し、毛穴汚れを効果的にからめ取るため、毛穴詰まりが気になる人におすすめのアイテム。ビタミンC配合で、毛穴汚れを落とすだけでなく、うるおいを守りながら洗顔できるのも魅力です。

毎日使える酵素洗顔!

やわらかいペーストタイプの洗顔料です。毎日続けて使用することで、効果を感じられたという人が多く、毛穴目立ちに悩む人に支持されています。

酵素洗顔はパウダータイプが多いのですが、メラノCC ディープクリア酵素洗顔は毎日使いやすいチューブタイプです。酵素洗顔を毎日使いたい人、毛穴汚れを落としたい人におすすめです。もちろん、夜の洗顔にも使用できますよ。

プロテアーゼは、たんぱく質を分解する酵素なので、肌のゴワゴワ感や古い角質によるくすみが気になる人にもおすすめです。酵素が毛穴汚れや古い角質をオフすることで、つるんと透明感のある肌へと導きます。

洗い上りはさっぱり!

酵素洗顔は比較的泡立ちが弱めのものが多いですが、メラノCC ディープクリア酵素洗顔は通常の洗顔料と変わりなく、もこもこの泡をつくることができます。

かんきつ系の香りが心地良く、さっぱりとした使用感なので、混合肌~脂性肌の人に適しています。乾燥肌の人は、毛穴詰まりの気になる部分のみしっかりめに洗い、他の箇所は軽めに、と洗い分けるのがおすすめです。

※1 プロテアーゼ(洗浄成分)
※2 アスコルビン酸(整肌保湿成分)
※3 カオリン(洗浄成分)

商品詳細はこちら

3.ポンプタイプで使いやすい!セラミド配合「Curel(キュレル)」

Curel(キュレル)
湿潤保湿 泡洗顔料 150ml (医薬部外品)
価格(税込):1,540円※検証時

商品詳細はこちら

うるおいを奪わずすっきり洗える!

肌の保湿に欠かせないうるおい成分「セラミド」を配合した肌にやさしい洗顔料です。Curel(キュレル)湿潤保湿 泡洗顔料は、敏感肌にも対応したスキンケアブランドなので「肌が荒れやすい」「乾燥しやすい」という悩みがある人でも使いやすいのが特徴。抗炎症成分のグリチルリチン酸2Kも配合されています。

マイルドな使用感の洗顔料ですが、皮脂や汚れをすっきりと洗い流します。

ポンプタイプで忙しい朝にも◎!

泡で出てくるポンプタイプのボトルなので、泡立ての手間がなく、すぐに使える点も魅力です。泡切れもよく、さっと洗い流せて忙しい朝にぴったり!

洗面所に1本置いておけば時短になり、とても快適に過ごせますよ。朝時間は慌ただしくなりがちな人におすすめです。

ふんわりとやさしい使い心地

2プッシュほどで顔全体を洗える泡が出てくるので、そのままやさしくなじませるだけでOK!

やわらかくキメの細かい泡が、ふんわりと肌を包み込みます。

低刺激の洗顔料なので、肌がピリピリすることもなく、気持ちのよい洗い心地。洗顔後のつっぱり感もなく、うるおいをしっかりとキープします!

敏感肌の人はもちろん、肌にゆらぎを感じたときにも使いやすい洗顔料です。

商品詳細はこちら

4.古い角層によるくすみもオフできる!「FANCL(ファンケル)」

FANCL(ファンケル)
エイジングケア洗顔クリーム 90g
価格(税込):1,540円※検証時

商品詳細はこちら

朝使えばメイクノリもUP!

FANCL(ファンケル)エイジングケア洗顔クリームは、2つのフルーツ酵素エキス※を配合し、古い角質によるくすみを洗い流します。

「肌表面がゴワゴワしてメイクのノリがよくない」「なんだか顔色がくすんで透明感がない」というときにぴったりの洗顔料です。朝使うことでメイクのノリもUPしますよ。

ピーリングをすることには抵抗があるけれど、角質ケアは取り入れたいという人におすすめしたいです。

FANCL(ファンケル)は無添加へのこだわりが魅力

FANCL(ファンケル)の魅力の1つが、「防腐剤、合成香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は一切不使用」という「無添加」へのこだわり。

肌のうるおいは残しながら不要なものをしっかり落とすので、クリアなみずみずしい肌に。乾燥が気になる人も使いやすい1本です。

泡立ち豊かでしっかり洗える

泡立てネットに洗顔料を2cmほど出し泡立てると、スピーディーにもこもこの泡ができるので、忙しい朝にもさっと使えて便利です。

手が直接肌に当たらないくらいのたっぷりの泡が、顔全体をしっかりと包み込みます。洗浄力自体はそこまで強くないため、すっきりするけれどつっぱり感がなく快適な使い心地。洗顔後のつるんとした肌は気持ちいいですね。

※ フルーツを酵素分解してできたエキス

商品詳細はこちら

5.肌にやさしい植物性洗浄成分で毛穴の汚れを落とす「matsukiyo(マツキヨ)」

matsukiyo(マツキヨ)
洗顔フォーム 150g
価格(税込):327円※検証時

商品詳細はこちら

ふわふわ泡で毛穴汚れもすっきり!

キメの細かいふわふわ泡で洗える肌にやさしい植物性洗浄成分の洗顔料です。

ほどよい洗浄力で、小鼻などの気になる毛穴汚れもしっかりと落とせます。水やぬるま湯で泡立てると、もこもこで濃密な泡がたっぷりできます。ペーストタイプの洗顔料なので、泡立てネットなどを使用すると時短できますよ。

肌へのやさしさがうれしい!

着色料、防腐剤、合成香料フリーです。肌のことを考えたやさしい洗いあがりなので、敏感肌の人やゆらぎが気になるときでも使いやすい洗顔料です。しっとりなめらかに洗いあげます。

天然のエッセンシャルオイルの香りと、ふんわり泡が顔全体を包み込み、洗顔の時間がリフレッシュになります。

商品詳細はこちら

6.ミクロ泡が毛穴汚れを落としキメを整える「SENKA(センカ)パーフェクトホイップ」

SENKA(センカ)
パーフェクトホイップa 120g
価格(税込):547円※検証時

商品詳細はこちら

ミクロレベルの汚れ・古い角質もしっかり落とす!

SENKA(センカ)史上※1 最小の泡が毛穴やキメの奥まで入り込み、ミクロレベルの汚れや古い角質もしっかりオフする洗顔料です。

「ミクロ美容濃密泡」は、毛穴にたまった酸化汚れまで落とし、洗いあがりはくすみ※2のないクリアな肌が期待できるでしょう。

洗うたびうるおって肌のキメが整うのはうれしいです。

保湿成分もたっぷりでしっとりなめらかな肌に!

保湿成分である自然由来シルクエッセンス※3、Wヒアルロン酸※4配合。美容有用成分をたっぷり抱え込んだ泡は、肌にうるおいを与えながらやさしく洗うことができます。洗い上りはしっとりなめらかな肌に。

「汚れはきちんと落としたいけど、洗浄力が強いものは避けたい」という人におすすめです。

みずみずしいホワイトフローラルの香りがするふわふわ泡

みずみずしいホワイトフローラルの香りがするふわふわ泡が魅力です。洗顔中は、みずみずしいホワイトフローラルの香りに包まれます。チューブから2cmほど出して泡立てると、ふわふわな泡ができあがります。

顔全体をたっぷりの泡で包み込むことができるため、とても気持ちがよいです。

また、ふわふわの泡は洗顔中の摩擦ダメージを軽減し、肌への負担を減らすこともできます。

※1 SENKAパーフェクトホイップ史上
※2 肌に蓄積する汚れ
※3 セリシン、グリセリン
※4 アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na

商品詳細はこちら

7.弱酸性のやさしい洗浄成分配合でもっちり肌に「NIVEA(ニベア)」

NIVEA(ニベア)
クリアビューティー弱酸性泡洗顔 もっちり美肌 本体 150ml
価格(税込):602円※検証時

商品詳細はこちら

洗いあがりはしっとりしたもっちり肌に!

肌にやさしいアミノ酸系の洗浄成分でできた洗顔料です。さらに美容クリーム成分※が配合されており、肌の水分を流さずもっちりとした肌に洗いあげます。さっぱりとしているのに、しっとりとした肌に整います。

ニベアシリーズの特徴でもある弱酸性もうれしい!

すべての肌質の人に使用できますが、とくに乾燥肌の人におすすめです。

手に取るだけでそのまま使えて便利

泡で出てくるポンプタイプなので、2~3プッシュほど手に取るだけでそのまま使えます。泡立てる必要がないため、忙しい朝に重宝するでしょう。

ふんわりとした泡が最後までへたらず、洗浄力はマイルドですが汚れはきちんと落とせます。

やさしいエレガントフローラルの香りも魅力です。

※ ホホバオイル・スクワラン・グリセリン(すべて保湿成分)

商品詳細はこちら

8.高純度豆乳イソフラボン※1配合で乾燥肌におすすめ!「なめらか本舗 豆乳イソフラボン」

なめらか本舗
豆乳イソフラボン 泡洗顔NC 200ml
価格(税込):767円※検証時

商品詳細はこちら

アミノ酸系洗浄成分でマイルド

九州産丸大豆「ふくゆたか」から作られた高純度豆乳イソフラボン※1と豆乳発酵液※2をぜいたくに配合した泡タイプの洗顔料です。

さらにヒト型セラミド※3も配合しており、洗顔後の乾燥から肌を守ります。とくに乾燥肌が気になるという人におすすめ。また、肌にやさしいアミノ酸系の洗浄成分と石けん洗浄成分に加えて、毛穴汚れ対策成分デシルグルコシド※4も配合。マイルドな洗いあがりですっきりうるおいます。

豆乳成分の保湿力でしっとり肌に

ポンプをおすだけで、豆乳の濃密ミクロ泡が出てきます。やわらかなキメの細かい泡が、肌への摩擦を軽減しながら毛穴の奥までしっかりと洗いあげます。なめらか本舗ならではの豆乳由来の保湿力でしっとり肌に整えます。

時間がない朝でも、手軽に洗顔ができます。癖がなく使いやすいので、多くの人におすすめです。

※1.2 保湿成分
※3 セラミドNG(保湿成分)
※4 洗浄成分

商品詳細はこちら

9.毛穴が気になる人に!泡立てないマッサージ洗顔ジェル「Biore(ビオレ)」

Biore(ビオレ)
おうちdeエステ 肌をなめらかにするマッサージ洗顔ジェル 150g
価格(税込):698円※検証時

商品詳細はこちら

ジェルで毛穴汚れをオフ!

毛穴目立ちや黒ずみの原因となる角栓を分解して落とすマッサージジェルです。

泡立てが不要で、肌になじませて洗い流すだけでOK!

朝の洗顔に使用すれば、メイクのノリもUPします。

とくに肌表面がザラザラして脂っぽい人におすすめです。

毛穴が気になる部分はしっかりなじませて

顔を軽く濡らした後、直径3cmほどを手に取り顔全体になじませます。

小鼻の周りなど、とくに毛穴詰まりが気になる部分にはジェルをたっぷりのせるのがポイント。クルクルとしっかりなじませて、最後にぬるま湯で洗い流せば「すっきりつるりとした肌」に仕上がります。

夜に使用する場合は、毛穴が開きやすいお風呂での使用がおすすめです。

商品詳細はこちら

10.過剰な皮脂によるニキビが気になる人にぴったり「メンソレータム アクネス(Acnes)」

メンソレータム
アクネス(Acnes)
価格(税込):399円※検証時

商品詳細はこちら

皮脂汚れを落として清潔な肌に整える

脂性肌や混合肌で過剰な皮脂の分泌が気になる人は、朝の洗顔でもしっかりと皮脂汚れを落とし、清潔な状態をキープすることが大切です。

メンソレータム アクネスは殺菌成分※1を配合し、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌。また消炎成分※2も配合されているため、炎症による肌の赤みをおさえる効果も期待できます。皮脂によるベタつきが気になる人や、ニキビができやすいという人におすすめです。

保湿成分配合でつっぱらない

メンソレータム アクネスは、少し黄緑がかったつるんとしたペーストタイプの洗顔フォーム。

洗顔時はシトラス系の香りがふわっと広がります。

爽快感のある使い心地ですが、保湿成分ビタミンC誘導体も配合されているので、皮脂をしっかりと落としながらもつっぱり感が出にくいのが特徴です。

少しの量で泡立つためコスパもよく、ニキビが気になる人に使ってみてほしい1本です。

ふわふわの弾力泡ですっきり!

泡立てネットで泡立てると、ふわふわで弾力のあるクリーミーな泡が完成。泡ができたら、Tゾーンや小鼻周り、あごなど、ベタつきの気になる部分からのせていきます。

頬や目元などデリケートな部分は最後に泡をのせ、ニキビや肌荒れの負担にならないようにやさしく洗うのがポイント。ニキビのもとになるアクネ菌を洗い流して、つるすべ素肌を目指しましょう。

※1 イソプロピルメチルフェノール
※2 グリチルリチン酸ジカリウム

商品詳細はこちら

今回のご紹介の商品以外にも
公式オンラインストアなら対象商品が盛り沢山!

商品一覧はこちら

よくある質問

ここからは朝洗顔についてよくある質問に専門家が回答します。

朝洗顔を効率的に行って美肌を目指すのに役立つ情報なので、参考にしてみてください。

  • 洗顔後、肌がつっぱる感覚があるのはNG?

    洗顔後、すぐに肌がつっぱってくるような感覚があるのは、洗いすぎや洗顔料の洗浄力が強すぎてうるおいが奪われているサインです。

    そのまま使い続けていると肌がダメージを受け、バリア機能が低下してしまう可能性があります。肌にもともと備わっている保湿成分を失わないためにも、一度洗顔料を見直してみましょう。

    また「朝晩の2回以上洗顔をしている」「1回にかける時間が長すぎる」「ゴシゴシと力を入れて洗う」なども肌の負担となりますので注意してください。

  • 洗い流すときはなぜぬるま湯がいいの?

    洗顔時は、肌より少し冷たいと感じる32度程度のぬるま湯で洗い流すのが理想とされています。なぜなら、皮脂は32度前後の温度で溶け出すからです。

    冷たすぎる水では、皮脂や毛穴汚れが落ち切らない可能性があります。

    また、熱すぎるお湯で洗うと肌に必要な皮脂やうるおい成分まで洗い流してしまい、乾燥を招くことがあります。

    うるおいのある健康な肌を保つために、洗顔時は32度程度のぬるま湯で洗い流すようにしてください。

本記事にて紹介している商品情報は2023/9/1時点のもので、商品リニューアル、価格変更、製造・販売中止、在庫切れの可能性もありますのでご注意ください。

このページをみんなに共有しよう!