ビフェスタ マスカラリムーバーを美容家が試してみた!まつ毛を守ってオフできる

2023年9月28日

まつ毛に塗ると、頑固なマスカラまでしっかり落とせるまつ毛用のマスカラリムーバー。マスク生活が続き、目元のメイクに力を入れる人が増えたことによってマスカラリムーバーを使用する人も増えた印象です。

しかし、目についた商品をなんとなく購入していて、細かい違いや商品のよさについてはあまりわからないというケースが多いのではないでしょうか。

今回は何年もマスカラリムーバーを使用している私が、ほかの商品との違いに着目しながらビフェスタ マスカラリムーバーを試してレビューします。

しっかりマスカラをオフしたい人、目のまわりの肌をこすらずにやさしくクレンジングしたい人におすすめです。

マスカラリムーバー自体使用したことがない人もぜひ商品選びの参考にしてください。

この記事の監修者
美容ライター/メイク講師
空山 菜摘
ティーン誌での美容連載や美容ブロガーとして活動の後、トータルビューティーの専門学校にて美容資格を多数取得。ソウルのメイクスクールを修了。 現在はライターとして記事を執筆しながら、メイク講師や化粧品ブランドのディレクターとしても活動中。商品レポートはもちろん、コスメの代用術や系統チェンジのセルフプロデュース技を得意とする。

本記事にて紹介している商品情報は2023/6/10時点のもので、商品リニューアル、価格変更、製造・販売中止、在庫切れの可能性もありますのでご注意ください。

ビフェスタ マスカラリムーバーを実際に試してみました

クレンジングと洗顔で定評のあるブランド「Bifesta(ビフェスタ)」。定番のクレンジングや洗顔料だけでなく、ポイントメイクリムーバーも販売しています。

そんなビフェスタから誕生したマスカラリムーバーということで、気になっていた人が多いかもしれません。

ジェル状の高密着テクスチャー×繊細コームでしっかりまつ毛をキャッチしてメイクが落とせるということで期待大ですね。

「ビフェスタの商品が好き」という人はもちろん、「しぶといマスカラをすっきり落としたい」「まつ毛に負担をかけずにメイクオフしたい」「目元の皮膚にやさしくマスカラをオフしたい」という人も必見です。

ビフェスタ
マスカラリムーバー 6.5ml
価格(税込):990円※検証時

商品詳細はこちら

ビフェスタ マスカラリムーバーとは?

空山菜摘

高密着ジェル×繊細コームで、まつ毛を守りながら、ウォータープルーフマスカラでもするんと落とせるマスカラリムーバー。

ビフェスタ マスカラリムーバーは、塗るとウォータープルーフマスカラでもするんと落とせるまつ毛用のマスカラリムーバー。

高密着ジェル×繊細コームで、リムーバーをまつ毛1本1本に絡ませることが可能です。5種の美容保湿成分※1が配合されており、6種の無添加※2設計でデリケートな目元とまつ毛を守りながらきれいにメイクがオフできるGOODアイテムです。

※1 ホホバ種子油、マカデミアナッツ油、ツバキ種子油、パンテノール、ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール)(すべて保湿成分)、※2 香料、着色料、シリコン、鉱物油、アルコール(エタノール無添加)、パラペンの6種フリー

ビフェスタ マスカラリムーバーの使用方法

ビフェスタのマスカラリムーバーは、以下の手順で使用します。

1.コームで乾いた状態のまつ毛に根元から毛先までリムーバーを塗る

2.約1分おいてから顔用クレンジング料となじませてぬるま湯で洗い流す

私の使用感では、ビフェスタ マスカラリムーバーでは目元だけポイントクレンジングしなくても、リムーバーを放置した後に全顔を一般的なクレンジングを使ってメイクをオフする手順できれいに落とせました。

ポイントクレンジングのひと手間がなくマスカラリムーバーを使えたらありがたいですよね。もちろん、コットンなどで拭き取ってオフするのも問題ありません。

ビフェスタ マスカラリムーバーを実際に試してみました

ビフェスタ マスカラリムーバーを試してみました!

ちなみに私は毎回マスカラ下地を塗ってからマスカラを塗っているので、オイルタイプのクレンジングでもするんと落ちないことが多いです。

画像右のリムーバーを使用したほうは、数回やさしくまつ毛をなでて時間をおくときれいにメイクがオフできました。

一方、画像左のリムーバーを使用していないほうは、一見メイクが落ちているように見えますが…。強くこすりすぎないように落とした場合、写真で見比べると、まつ毛の太さや濃さからメイクが残っていることが分かります。

一方で、画像右のリムーバーを使用したほうは、きれいにメイクをオフするのに、数回やさしくまつ毛をなでて時間を置くだけですみました。

完全にメイクを落とせていない状態が続くと、目元のくすみや色素沈着へとつながることもあるので要注意です。

リムーバーを使っていない場合は、しっかりまつ毛をこすらないと落としにくかったのですが、ビフェスタ マスカラリムーバーはやさしくなでて、こすらずすっきりと落とせました。やさしくなでてすっきり落とせるビフェスタ マスカラリムーバーはまつ毛や肌にやさしく、さらに時短できて、かなりお役立ちアイテムだと感じました。

マカデミアナッツ油やパンテノール・ビタミンE誘導体※など、5種類の保湿成分が配合されているため、まつ毛だけでなく目の近くの肌にもやさしく、負担も少なく使用を続けることができますよ!

※酢酸トコフェロール(保湿成分)

ビフェスタ マスカラリムーバーを実際に使ってみてわかった3つのこと

ビフェスタ マスカラリムーバーについて、私がおすすめしたいポイントは3つあります。

溝の深さが2種類のコームで塗りやすい

空山菜摘

まつ毛を引っぱらずに塗りやすい秘けつは、2種類のコーム。

短いまつ毛にも塗りやすく、1本1本のまつ毛をしっかりキャッチ。

マスカラリムーバーを使用したとき、目に入ったり、まつ毛に引っかかったりして困った経験はありませんか?

まつ毛にフィットしやすいコーム型のマスカラリムーバーは多いですが、溝が深すぎると液がたっぷりつきすぎてしまい目に入ることもしばしば。一方、隙間が細いものだと、まつ毛をしっかりキャッチできなかったり無理やり引っ張ってまつ毛が抜けたりする原因にもなります。

ビフェスタのマスカラリムーバーは、溝が深めの面と浅めの面があり、溝の浅いほうを使えば、短い下まつ毛までとても塗りやすいですよ。まつ毛1本1本にリムーバーをコーティングしつつ、引っかかりにくいところもおすすめポイントです!

ジェル状だから液だれしにくい

空山菜摘

ジェル状のテクスチャーなので、目に入りにくい。

また、液だれしにくいからまつ毛に密着しやすく、マスカラをしっかりと溶かせます。

マスカラリムーバーが目に入ってしまう原因はコームの構造による塗布量だけでなく、液のテクスチャーでも左右されます。

とろみのないものほど液だれしやすいですが、ビフェスタのマスカラリムーバーはジェル状なので液だれしにくくなっています。たっぷりと塗っても液が目に入りにくいので使いやすかったです。

長時間放置しなくてもしっかり落ちる!

空山菜摘

約1分でマスカラになじむ!

お風呂でメイクオフするときのポイントも紹介。

マスカラリムーバーによっては、短時間放置するだけでは落ちにくいケースがあります。

しかし、ビフェスタのマスカラリムーバーは、つけて約1分おくと、本当にまつ毛全体のマスカラがとけるようにやわらかくなっていました。これがしっかりメイクを落とすことができる秘けつ。

「マスカラリムーバーを使用しているのにまた塗り直しが必要だった」「しっかり落ちていない」ということになりにくいのでおすすめです。

お風呂でメイクを落とす人は、マスカラリムーバーをつけてから先に湯船に浸かって温まるのがおすすめです。

まつ毛だけでなく肌のメイク汚れなども浮きやすくなるため、その後全体のメイクがより落としやすくなりますよ。

マスカラやリムーバーに関するQ&A

ここからはマスカラやリムーバーに関するよくある質問に専門家が回答します。

まつ毛のお悩み対策に役立つ情報なので、参考にしてみてください。

  • マスカラリムーバーはどんな人におすすめ?

    メイク落としをする際に「マスカラだけ落ちにくい!」と感じている人におすすめです。

    また、マスカラ下地やウォータープルーフのアイテムを使用している人の場合、まつ毛をしっかりこすらないとメイクオフできないケースも多いので、そんな人にもぴったりです。

  • マスカラリムーバーを選ぶときのポイントは?

    マスカラリムーバーは、まつ毛をこすらずにマスカラをしっかりオフするために使用しているので、メイク落ちのよさは必須条件。

    さらに、マスカラコームの溝が深い商品の場合、液がたっぷりつきすぎて目のなかに入ってしまう可能性があります。使用感のよさを求めるのであれば、ブラシやコームの形状に注目してみてくださいね。

  • ポイントリムーバーとの違いは?

    ポイントリムーバーの場合「コットンにリムーバーを浸してしばらく目の上でなじませた後に拭き取る」もしくは「綿棒を使って丁寧にオフする」という手順になるので、面倒だと感じる人は少なくないかもしれません。

    また、ポイントリムーバーでもメイクが落ちにくい商品であれば、しっかりこすったり何度も繰り返したりしないときれいにマスカラがオフできません。

    マスカラリムーバーは、これ1本をマスカラのように塗っておくとメイクがするんと落ちるため、まつ毛や目元の肌に負担をかけることなく手軽にメイクが落とせます。

ビフェスタ マスカラリムーバーを使ってみた感想のまとめ

空山菜摘

頑固なマスカラや、目元の肌にやさしくクレンジングしたい人へ。

頑固なマスカラを手軽にするんと落せるビフェスタ マスカラリムーバー。

まつ毛メイクが濃い人向けと思われがちですが、こすらずにメイクがオフできるので、まつ毛に負担をかけたくない人にぜひ使ってみていただきたいアイテムです。

こすらないことで繊細な目元の肌にもやさしくクレンジングできます。

マスカラリムーバーの種類も増えてきていますが、メイクの落ちやすさはもちろん、コームの使いやすい形状も液だれのしにくさも言うことなしです!

1,000円以下というお手頃な価格で、私の場合は1ヶ月以上※使用できたので、コスパもよい商品だと思います。ぜひ一度使ってみてくださいね。

※ 使用量によるので個人差があります。

今回体験した商品

ビフェスタ
マスカラリムーバー 6.5ml
価格(税込):990円※検証時

商品詳細はこちら

本記事にて紹介している商品情報は2023/6/10時点のもので、商品リニューアル、価格変更、製造・販売中止、在庫切れの可能性もありますのでご注意ください。

この記事に登場した商品

このページをみんなに共有しよう!